血液検査でうつ病診断!?「脳由来神経栄養因子(BDNF)」というタンパク質

病気
スポンサーリンク

うつ病の状態次第で、血液検査で調べられる「脳由来神経栄養因子(BDNF)」というタンパク質に変化が起こるようだ。うつ病の血液検査がいまだに難しいが、将来的には診断につながる?

2年間にわたって検証

オランダの研究グループが、精神分野の専門誌であるモラキュラー・サイカイアトリー誌2015年5月号で報告した。うつ病になると血液の中のBDNFというタンパク質が低くなる。研究グループはうつ病の人やうつ病ではない人を対象として、うつ病やBDNFがどのように変動するかを調べた。対象となったのは、うつ病を発症した153人、うつ病が軽減した420人、うつ状態が続いている310人、うつ病ではない868人。研究の開始から、2年後までのうつ病の状態、抗うつ薬の使用、脳由来神経栄養因子のレベルなどについて測定している。

 

両者の間に関係あり

その結果、うつ病ではない人と比べて、うつ病の状態が続いている人とうつ病の症状が軽減した人では、BDNFが時間の経過とともに急激に低下していた。うつ病を発症した人はBDNFの減少については健康な人と変わらなかった。抗うつ薬の使用や中止はBDNFと関係していなかった。研究グループは、BDNFの変動に伴ってうつ病に影響が及ぶだけではなく、逆にうつ病の状態次第でBDNFの方が低下する場合もあると説明する。うまく利用可能にまでなるか?

 

コメント