テトラサイクリン系抗生物質について、作用機序・効果効能・用法用量・副作用など

健康
スポンサーリンク

テトラサイクリン系抗生物質を使ったことはありますか?

歯が黄色くなる副作用や耐性菌の問題から広域スペクトラムを有するにも関わらずあまり使われていない薬です。

しかし、他の抗生物質が効きにくい病原微生物に対して使用されることがあります。効果や副作用、飲む時の注意事項などについてご紹介したいと思います。

テトラサイクリンとは?

テトラサイクリンとは何でしょう?
テトラポッド?テトラがサイクリンしてる?
いえいえ、どれも違います。抗生物質の一種です。

様々なバイキン(病原微生物)に効果があるとされていますが、耐性菌や副作用などの問題があるためあまり使われていないようです。そんなテトラサイクリンについてまとめてみました。

抗生物質とは?

抗生物質(antibiotics)とは何でしょう?

病原微生物、いわゆるバイキンに対して殺菌作用や発育抑制作用(静菌作用)を持つ化合物のうち、微生物が産生するものを抗生物質といいいます。ただし、広義には微生物の産生物資を化学的に作ったものも含まれます。

抗生物質には微生物由来の化合物だけではなく、それらの合成類縁体も含まれます。主な抗生物質には、その骨格に基づきβラクタム系とそれ以外の抗生物質があります。

βラクタム系抗生物質には、ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系が含まれます。それ以外の抗生物質として、アミノグリコシド系、テトラサイクリン系、マクロライド系、リンコマイシン系、キノロン系、グリコペプチド系、ST合剤、メトロニダゾールがあります。

抗生物質 – 薬学用語解説 – 日本薬学会

テトラサイクリン系抗生物質とは?

そして「テトラサイクリン」とは、テトラサイクリン系に属する抗生物質のことです。1945年にベンジャミン・M・ダガーにより放線菌の一種から発見されました。

多くの病原微生物に対して効果があるとされています(=広域スペクトルを有している)。

テトラサイクリン系抗生物質の主な薬剤は以下のものになります。

・ドキシサイクリン:商品名 ビブラマイシン
・ミノサイクリン:商品名 ミノマイシン
・テトラサイクリン:商品名 アクロマイシン

テトラサイクリン系: 細菌および抗菌薬: メルクマニュアル18版 日本語版

作用機序:静菌性に作用する

抗生物質には病原微生物を殺すタイプ(殺菌性)と病原微生物の増殖を押さえるタイプ(静菌性)の2種類があります。

テトラサイクリン系抗生物質は「静菌性」に作用する薬に分類されます。

他に、マクロライド系、リンコマイシン系、キノロン系などがあります。

また、「殺菌性」に分類される薬には、ペニシリン系、セフェム系、アミノグリコシド系などがあります。

テトラサイクリン抗生物質の作用機序は、細菌のたんぱく質合成を阻害することにより細菌の増殖を抑えます。

リボソームという器官がたんぱく質の合成を行うのですが、テトラサイクリン系抗生物質は細菌のリボソームの30sサブユニットに特異的に作用してタンパク質の合成を阻害します。

動物細胞のリボソームには結合しないため、人体に対する毒性はありません。

同じように細菌のタンパク質合成を阻害する抗生物質に、アミノグリコシド系、マクロライド系、クララムフェニコールがあります。

アクロマイシン(テトラサイクリン)の作用機序:抗生物質

薬物動態

特に健康上の問題がない成人男性にテトラサイクリン塩酸塩250㎎を投与すると、投与3.6時間後に最高血中濃度1.2μg/mlを示します。また、尿中への排泄率は8時間で13.5%となります。

また、ドキシサイクリン塩酸塩水和物200㎎を経口投与すると、最高血中濃度は2-4時間後に得られ、約3μg/mlになります。血中濃度半減期は11-13時間と、テトラサイクリンに比べ長時間効果が持続します。また、尿中への排泄率は投与後24時間以内で15-30%になります。

アクロマイシンVカプセル50mg/アクロマイシンVカプセル250mg

ビブラマイシン錠(ドキシサイクリン塩酸塩水和物錠)|添付文書|PDF

適応する病原微生物

・グラム陽性菌
・グラム陰性菌
・嫌気性菌
・マイコプラズマ
・マラリア原虫

以上、様々な病原微生物に対し適応がありますが、グラム陽性菌などに対してはペニシリン系やセフェム系が第一選択となるため、テトラサイクリン系抗生物質が使用されるのは、クラミジアやリケッチアなど非定型的な病原体になることが多いようです。なお、緑膿菌には適応がありません。

アクロマイシンVカプセル50mg/アクロマイシンVカプセル250mg

適応症

・リケッチア感染症(ツツガムシ病、日本紅斑熱含む)
・クラミジア感染症
・ライム病
・ブルセラ症
・マラリア
・ニキビ(挫創)
・レジオネラ感染症
・レプトスピラ症
・マイコプラズマ感染症
・梅毒
・旅行者下痢症
・炭そ菌

など

アクロマイシンVカプセル50mg/アクロマイシンVカプセル250mg

ビブラマイシン錠(ドキシサイクリン塩酸塩水和物錠)|添付文書|PDF

テトラサイクリン系: 細菌および抗菌薬: メルクマニュアル18版 日本語版

薬剤耐性

テトラサイクリン系の抗生物質は広域スペクトラムを有していますが、耐性菌の出現が大きな問題となっているようです。

細菌にはプラスミドという環状の遺伝子を持っているものがあり、このプラスミドにはテトラサイクリン系抗生物質に耐性を持つ遺伝子がプログラムされていることがあります。

これらの遺伝情報は細菌同士で伝わるため、ある細菌がテトラサイクリン系抗生物質に耐性をもつと、すぐに他の細菌も耐性を獲得するようになってしまします。

テトラサイクリン系抗生物質の性質と特徴

服用方法について

内用薬の服用

通常、成人には1日1gを4回に分割して経口投与します。

小児には1日体重1kgあたり30㎎を4回に分割して経口投与します。なお、年齢や症状により適宜増減されます。

ただし、ドキシサイクリンは効果が持続する時間が長いため、1日1回もしくは2回の服用でOKです。

アクロマイシンVカプセル50mg/アクロマイシンVカプセル250mg

ビブラマイシン錠(ドキシサイクリン塩酸塩水和物錠)|添付文書|PDF

飲み合わせに注意!水で飲もう

テトラサイクリン系抗生物質は他の薬との飲み合わせに注意が必要です。

特に気を付けなければいけないのは、金属製剤と呼ばれるもので、アルミニウムやマグネシウム、鉄、カルシウム、亜鉛などを含むものです。

テトラサイクリン系抗生物質と金属製剤を同時に服用すると、キレートを形成してしまい、腸から吸収されにくくなってしまいます。

腸から吸収されにくいということは、すなわち薬が血液に乗って全身にいかなくなるため、薬の効果が落ちてしまうのです。

また、薬を牛乳で飲む人はあまりいないと思いますが、テトラサイクリンを牛乳と一緒に服用してしまうと、牛乳に含まれているカルシウムとキレートを形成してしまうので、注意が必要です。

なお、ニューキノロン系やセフェム系の抗生物質も、牛乳とキレートを形成してしまい、薬の吸収や作用が低下してしまうそうです。

牛乳 | くすりと食品の相互作用 | くすりの適正使用協議会

軟膏の使い方

テトラサイクリン系抗生物質の軟膏は主に歯科で使われるそうです。

歯周組織炎や抜歯創・口腔手術創の二次感染、感染性口内炎が適応となります。

1日数回、患部に塗ります。商品名はテトラサイクリン・プレステロン歯科用軟膏です。

抗生物質であるテトラサイクリンと炎症を抑える薬であるプレステロンが配合されています。

市販薬でテラマイシンという商品もあります。

こちらはテトラサイクリン系の抗生物質とポリペプチド系の抗生物質が配合されています。化膿止めとして用いられます。

また、ミノサイクリン(ミノマイシン)などの軟膏も必要に応じて調剤されることがあるようです。こちらは手術創や褥瘡にMRSAなどが感染した際に使用されるようです。

副作用について

菌交代症

いずれの抗生物質でも起こり得ますが、菌交代症に基づく新しい感染症にかかる恐れがあります。

特に問題となるのは、クロストリジウムーディフィシル腸炎およびカンジダの重複感染です。

テトラサイクリン系: 細菌および抗菌薬: メルクマニュアル18版 日本語版

胃腸障害

胃腸障害がおきることが報告されています。吐き気や嘔吐、下痢などといった症状が現れます。

光過敏症

光を浴びた部位が赤くなったり水ぶくれができたりします。頻度不明です。

ビタミン欠乏症

ビタミンK欠乏症による低プロトロンビン血症、出血傾向等が起こる恐れがあります。

またビタミンB群欠乏症による舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等になる恐れがあります。

歯の変色

テトラサイクリン系抗生物質は骨や歯に色素沈着が起き、歯が黄色や茶色に変色してしまいます。

ファンコーニ(Fanconi)症候群:腎臓の病気

期限切れのテトラサイクリンの薬剤により後天性ファンコーニ症候群になるという報告があります。

ファンコーニ症候群とは、腎臓の近位尿細管という部位での再吸収がなされない病気です。

近位尿細管で吸収されるものには、ブドウ糖、アミノ酸、りん、HCO3(重炭酸イオン)などがあり、ファンコーニ症候群になるとこれらの血中の濃度が下がります。

禁忌

「テトラサイクリン系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者」に対しては禁忌となります。

要するに、以前にテトラサイクリン系の薬を投与されて、アレルギー反応を生じたことがある場合には使用してはならないということです。

慎重投与

妊婦・授乳婦

テトラサイクリン系は胎盤を通過して胎児の骨や歯に蓄積してしまいます。

また、授乳婦が内服すると母乳に含まれてしまうことが知られています。

このため、胎児・新生児の歯が黄色く染まってしまう副作用があり、骨の成長を阻害する副作用もあるため慎重投与とされています。

また、動物実験では胎児毒性が認められているそうです。

8歳以下の小児

8歳以下の子どもは歯牙形成期にあるため、歯牙の着色・エナメル質形成不全、また一過性の骨発育不全を起こすことがあるため、慎重投与とされています。

肝臓病

肝障害を悪化されるおそれがあるとされているため、肝臓病のある患者さんには慎重投与とされています。

腎臓病

テトラサイクリンおよびミノサイクリンは主に尿中に排泄されるため、腎不全患者には投与をしない方が良いとされています。

ただし、ドキシサイクリンは主に腸管に排泄されるため、腎臓病がある場合でも特に用量を減らす必要はないとされています。

気になる歯の変色

歯の変色

テトラサイクリンの副作用に「歯」や「骨」に色素沈着があることは既に述べましたが、歯の形成期である0~12歳の間にテトラサイクリンを服用すると、沈着した色素を落とすことは簡単ではありません。

服用した年齢により、色が付く部位が異なります。

また、薬によって着く色が異なります。この色は紫外線によって濃くなるため、光が当たりやすい前歯の色が特に目立ってしまうという特徴があります。

現在の20代後半から40代までは幼少期に風邪薬のシロップとして服用した人が多く、歯に黄色の縞模様が認められることが多いようです。

テトラサイクリン歯のホワイトニング方法|ティースアート

歯を白くする方法

【①ホワイトニング】
色素沈着があまり強くない場合には、ホワイトニングだけでも歯を白くすることができます。ただし、色が濃い場合や根元まで色が着いている場合には白くできないことがあるそうです。また、一般的にテトラサイクリンによる変色した歯はホワイトニングで白くなりにくく、いったん白くなってもまた元の色に戻ってしまいやすい性質があるそうです。

【②歯のマニキュア】
歯に白いマニキュアを塗って白くするという方法です。数日間だけ白さを保つタイプから3か月くらい白いままのタイプ、数年間効果が白いままのタイプがあります。長期間効果が持続するタイプの方が費用も高めになるようです。

【③ラミネートベニア(セラミック治療)】

色の着いた部分を薄く削ってセラミックを貼る方法です。歯並びを大きく変えることはできませんが、歯の色だけが気になるような場合には適しています。金属を使用しないため、食べ物の味が変わらず、歯茎が黒くなることもないそうです。

通常2回の処置で、1本約1時間かかるそうです。費用はクリニックによって異なりますが、1本数万円以上かかるようです。

セラミック|東京 銀座 渋谷 審美歯科  【ティースアート】

まとめ

テトラサイクリンについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

副作用があっても効果が期待できる場合には使用されているようです。疑問な点などは主治医や薬剤師さんに聞くことをお勧めします。

また、子どもの頃に知らず知らずテトラサイクリンを服用していて、歯に色がついてしまった場合、費用はかかってしまいますが、白い歯に戻す方法は色々あるみたいです。審美歯科を専門に行っているクリニックに問い合わせてみてはいかがでしょう。

当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメント