背中のシミが気になる人は必見!紫外線やストレスに要注意!もしかして病気かも?5つの原因と治療法をご紹介!

Uncategorized
スポンサーリンク

背中シミは、女性なら誰もが、気になりますよね。ここでは、背中にシミが出来る原因とその対処法、治療方法を詳しく見ていきたいと思います。もしあなたが背中のシミに悩んでいるとしたら、ぜひこの記事を読んでみてください。

文献情報

本記事は下記サイトを参考に執筆いたしました。

マグノリア皮膚科クリニック | ボトックス、ヒアルロン酸注射 | 東京 / 渋谷
しわ・たるみ治療、脂肪冷却分解治療、小顔エラボトックス、多汗症ボトックス治療、PRPなどを行う東京都・渋谷の美容皮膚科クリニックです。アラガンビューティーアワード三年連続受賞クリニック。安定した技術で誠実な美容医療を行なっています。
老人性疣贅(脂漏性角化症)とは
中年以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつとされています。
近畿大学病院
近畿大学病院公式ウェブサイト。病院のご案内、外来受診のご案内、入院に関するご案内、診療科のご案内、医療関係者の方へ、研修医・採用担当希望の方へ、ご来院の方へ、お見舞いの方へ、近畿大学に関する情報をご覧頂けます。
身体、背中のしみを消す治療について | セオリークリニック
背中のしみを消すには「レーザー治療」「光...
しみを光で治療 | セオリークリニック
光治療には「フォトRF」「フォトソール」「&#1252...
ピーリングでしみ治療 | セオリークリニック
「ピーリング」は、しみを解消するだけなく...
しみの治療方法 | セオリークリニック
しみ治療は「レーザー治療」「光治療」「フ...
セオリークリニックについて | セオリークリニック
当院の特徴とお客様一人ひとりにオーダーメ...

背中シミができる5つの原因とは?

背中シミ原因その1.ニキビ

背中シミの原因のひとつに、にきび跡があります。思春期の女性なら特に皮脂の分泌が活発になるので、毛穴が詰まりやすくニキビになりやすいようです。そして大人になっても、皮脂分泌が活発な人ならば、背中にニキができやすいようです。背中のニキビは、一度できてもまた繰り返し発生するので、とても厄介です。最後には、シミとして背中に残ってしまうので、女性なら背中の開いた服を着たくても、ためらってしまうかもしれません。

背中シミ原因その2.紫外線

背中シミの原因として、もう一つに、メラニン色素が大量に発生したことにより、肌に色素が沈着してできるものです。メラニン色素が大量に発生する原因としては、紫外線を浴びたことにより発生すると考えられます。これらのシミが変化すると、そばかすになると考えられます。

にきびのタイプ・原因 | 美容皮膚科のマグノリア皮膚科クリニック(東京 渋谷)

背中シミ原因その3.ストレス

現代はストレス社会です。加えて環境ホルモン、大気汚染により人間の体は、影響を受け体の皮膚にも現れることがあります。ストレスは皮脂の分泌を活発化させてしまうので、それが背中のニキビを発生させ、やがてシミとして背中に残ってしまうことがあるようです。

背中シミ原因その4.肌のトラブル

背中のシミの原因のもうひとつの理由として、肌のターンオーバーがうまくいかずに、古い角質に汚れがたまり毛穴を閉じてしまうことにより、にきびが発生し最後にはシミになってしまうと考えられます。

にきびのタイプ・原因 | 美容皮膚科のマグノリア皮膚科クリニック(東京 渋谷)

背中シミ原因その5.ホルモンバランスの乱れ

背中がシミになる原因として、ホルモンバランスの乱れがあります。食生活の乱れ、仕事による生活パターンが不規則になったり、ダイエットのしすぎや、ストレスなどで、ホルモンバランスが乱れ、それが背中のシミの原因になることがあるようです。

背中シミができた時に考えられる病気とは?

病気その1.老人性疣贅(脂漏性角化症)

背中しみができた時に考えられる病気のひとつに、老人性疣贅(脂漏性角化症)<ろうじんせいゆうぜい・ろうせいかっかしょう>があります。この病気は、中年になってから起こりやすいもので、皮膚に良性の腫瘍ができる病気です。原因として考えられるのは、遺伝的要素の他に、紫外線によって誘発されて、それが体の至るところに出来る原因になるようです。特に顔や頭、背中にできやすいようです。

その腫瘍の大きさは様々で、数ミリ程度から数センチのものまであるようです。表面はザラザラしていたり、盛り上がったりするようです。ただ高齢者に多いということと、良性の腫瘍のため、よほど日常生活に困るということにならない限りは、治療はしないで、そのままにしておくケースがほとんどのようです。

病気その2.癜風

背中シミの原因となる病気に、癜風(でんぷう)があります。これは、マラセチア・ファーファーと呼ばれる癜風菌によって、引き起こされる皮膚の病気です。この菌は、高温多湿が好きな菌なので、高温多湿の地域の人々に多く見られる病気です。この病気の原因としては、環境によるものの他に、「太っている」ことも理由のひとつと考えられています。

汗をかきやすい人に多い病気で、特に20代から40代の男性に多いようです。この癜風ができる所は、背中だけでなく、胸、腕、わきの下など、汗がかきやすい場所に、主に発生するようです。治療には、内服薬や外用薬などを使って、治療するようです。

病気その3.光線性花弁状色素班

光線性花弁状色素班(こうせんせいかべんじょうしきそはん)というこの病気も、背中のシミの原因となる代表的なものであるといわれています。これは、夏に海に行き、長い間一気に太陽にあたり日焼けした後に、それが水膨れになって、背中のシミとなり残るものがそれにあたります。主に黒や茶色のしみができるようです。

この光線性花弁状色素班は、後述のレーザー治療が有効的なようです。

病気その4.皮膚がん

初期の皮膚がんは、大きくないのでほくろや湿疹、しみなどにも見えるようです。急に発生したほくろやどんどん大きくなるようなほくろがあれば、一度皮膚科に行ってみた方がいいかもしれません。

背中シミを消す治療法&対策とは?

その1.レーザー治療

背中のシミを消す治療法のひとつに、レーザー治療があります。このレーザー治療は、紫外線によって発生したシミに効果的なようです。特に肌の深層部分のシミやそばかすに、効果を発揮するようです。そしてこの治療によって、そばかすや老人性色素班の治療に効果が期待できるようです。

またこの治療法のメリットは、一か所に集中してレーザーを与えて治療するため、他の皮膚にダメージを与えにくいメリットがあるようです。

その2.光治療

背中のシミ治療法のひとつに、光治療があります。この治療法は、肌全体に光を与えて、シミの治療をする方法です。この治療のメリットとして、肌の再生する力を高めながら治療するので、肌にあまり負担をかけずに、治療できるという利点があるようです。

その3.ピーリング

背中のシミの治療として、更にピーリングがあります。この治療法は、背中の角質に溜まった汚れを除去し、シミが減って肌が綺麗になることへ導いてくれるメリットがあります。肌への負担があまりなく、安心な治療でもあるようです。

その4. 薬・注射・点滴

その他のシミ治療の方法としては、内服薬、注射、点滴によった治療があります。注射は、肝斑などや色素沈着、紫外線によって受けた肌のダメージに効果があるようです。内服薬は、肝斑の治療に効果があるようです。更に点滴は、シミの発生原因となるメラニン増加を抑える効果があるようです。

背中シミが出来たら、何科にいくべき?

皮膚科に行きましょう!

背中シミが出来てから、その症状が長引くようなら、皮膚科にいくとよいでしょう。皮膚科専門医に相談して、自分に合った適切な治療をしてもらうとよいでしょう。

美容外科に行きましょう!

もう一つの方法としては、美容外科に行く方法があります。美容に特化しているので、より専門的な治療が受けられるでしょう。やはりここでも、自分の症状に合った治療が大事になるでしょう。

まとめ

ここまで、背中のシミについて見てきましたが、いかがでしたか。女性ならどうしても、背中のシミは気になってしまうものです。日頃から、お肌を清潔にすることを心掛けて、きれいな背中を目指したいですね。

コメント