乳酸菌パワー!!アトピー改善に効果的!?耐酸性カプセルがポイント!!

カラダの悩み
スポンサーリンク

「乳酸菌革命」の成分において、特徴的なのが「ラクトバチルス乳酸菌」といえるでしょう。植物性乳酸菌の1つである「ラクトバチルス乳酸菌」は、乳酸菌の中でも胃や胆汁酸などの酸やアルカリに強く、腸の奥まで生きたまま届く有胞子性乳酸菌といわれています。そのため、得る事のできる効用はたくさんあります。

 

「乳酸菌革命」は便秘やアトピーに良い?

乳酸菌革命の成分において特徴的なのが「ラクトバチルス乳酸菌」といえるでしょう。植物性乳酸菌の1つであるラクトバチルス乳酸菌は、乳酸菌の中でも胃や胆汁酸などの酸やアルカリに強く、腸の奥まで生きたまま届く、有胞子性乳酸菌といわれています。

ラクトバチルス乳酸菌の効果として特筆すべきなのは「整腸作用」や「便秘解消の」他にも「アトピー性皮膚炎」「花粉症」にも有効という報告があることです。特にいわれているのは、にアトピー性皮膚炎患者が寝ている間に無意識に行ってしまう、掻きむしり衝動を抑える効果があるといわれているところです。

「乳酸菌革命」ってどうゆうもの?

乳酸菌革命という商品が、最近注目されています。この商品は、他の乳酸菌サプリと、どこが異なるのでしょうか。

ビフィズス菌・ラブレ菌・カゼリ菌の働き


■ビフィズス菌
大腸にたくさん住んでいる、ビフィズス菌が作り出す酢酸は強い殺菌力があります。そのため、有害菌の増殖を抑える作用があり、腸内環境を整え免疫力を高めることになります。

■ラブレ菌
ビフィズス菌を増やす役目があり、強い生命力を持ちます。そのため、生きたまま腸にたどり着き、悪玉菌の増加を抑えて、腸内環境を整える働きをします。

■カゼリ菌
日本人由来で、特に相性の良いといわれている乳酸菌です。酸素がなくても育つことができ、ビフィズス菌とともに悪玉菌を抑える作用が有り、腸内環境を整える働きをします。

腸に届きやすい乳酸菌があるって本当?

一般的な乳酸菌の特徴は、胃酸や胆汁に影響を受けやすく、ほとんどが死滅してしまうことです。有胞子乳酸菌は耐熱性に優れていますので、胃や十二指腸で死滅することなく、腸に到達することが可能で、とても力強い乳酸菌だといえます。

耐酸性カプセルで胃酸などから防御

乳酸菌は、前述のように、大変酸やアルカリに弱いという性質のため、口から摂取したとしても、腸に届くまでの途中で、胃の中では胃酸に、小腸では胆汁により、大半が死滅します。

そこで、必要になってくるのが、乳酸菌を酸やアルカリから守る働きをする耐酸性カプセルです。乳酸菌革命は、耐酸性カプセルの中に乳酸菌などが入っています。

「乳酸菌革命」の7つの効果とは

「乳酸菌革命」のその具体的な効果・特徴を、述べていきたいと思います。全部で7項目ほどです。参考にしてください。

1.便秘解消ですっきり快便

まず、口から摂取し、体内に入れた食べ物、栄養の消化や吸収を助ける働きをします。同じ食事をしていても、乳酸菌革命を摂りいれると、より効率的に栄養を吸収できるようになります。そして、便通もよくなります。

もともと便通というのは、栄養を完全に吸収した後の老廃物が便となるわけです。よって、栄養の吸収が早ければ早いほど、お通じも早くなるということがいえます。そのために、乳酸菌を摂取すると、便通がよくなるといわれるのです。

2.善玉菌VS悪玉菌で悪玉菌を抑える

ビフィズス菌の働きの一つに、は糖を分解することがあります。それにより、強い殺菌力を持つ酢酸を作りだします。この酢酸は、腸内を酸性にすることが可能で、酸性に弱い悪玉菌の駆除を助けることになります。

3.美肌・ダイエット効果有り

「乳酸菌革命」には、老化防止の効果のある「酵母エキス」も配合されています。乳酸菌の働きに加えて、美肌や老化防止の効果も期待がされているのです。また、便秘も解消して、ダイエットの効果も期待できるそうです。

その理由は、食物繊維としてイヌリン(水溶性食物繊維)や難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)を配合しているからです。美肌、老化防止に便秘、ダイエット効果までも期待できる「乳酸菌革命」は、頼もしいサプリメントだと言えそうです。

■「乳酸菌革命」のおもな働き
・脂肪や糖の吸収スピードを抑える働きがある
・内臓脂肪や中性脂肪を減少させる働きがある
・腸の調子を良くして便通をよくする働きがある
・ミネラルの吸収を改善するは働きがある

以上の働きから分かるように、食物繊維は、整腸作用はもちろんのこと、食後の血糖値の上昇を抑える、脂肪や糖の吸収を抑える、不要なコレステロール等をからめて体外へ排出してくれたりと、たくさんの働きがあります。

そして、ダイエット効果ももっているのです。便秘解消にダイエット効果にと両方欲しい人にも、ぜひ試していただきたいサプリメントです。

4.目覚めすっきり、疲れを解消

「乳酸菌革命」を飲み続けることにより、整腸作用により、食べたものの消化、吸収、排便がスムーズに行われ、免疫力のアップにもなり、体調が改善されてきたという報告もあります。また、質の良い睡眠がとれるようになり、目覚めがスッキリとなり、疲れが残らなくなったという報告もあります。

5.アトピー、花粉症などのアレルギーの改善

「乳酸菌革命」の愛飲者からの報告によりますと、

・風邪が以前よりひきにくくなった
・花粉症の症状が改善された
・肌荒れが目立たなくなってきた
・朝の目覚めが良く、疲れが残らない
・ダイエット効果があった

以上の報告は、サプリメントにより腸内環境が改善されて、腸の働きである消化、吸収、排便が良くなった、また、それに伴い、免疫力が改善されたためだと考えられます。

それに加えて、アレルギー症状改善に高い効果を期待されている、乳酸菌の「ラクトバチルス・アシドフィルス」が入っている影響も考えられています。以下は、愛飲者の口コミ情報です。

「まず、1年の内に5,6回は風邪になっていましたが、最近ではひかなくなりました。また、花粉症のシーズンは目のかゆみや鼻づまり、鼻水と本当に大変だったのですが、ほとんど感じないくらい症状が改善されました。」

この口コミ情報によると、アレルギーにも効果が期待できるようです。「乳酸菌革命」を飲むと、アレルギーにも効果が期待できるのはなぜなのでしょう。

アトピーや乾燥肌、敏感肌には、外部からの刺激が原因となり、悪化もしますが、実の原因は腸内環境が悪化しているという、内的要因の場合がほとんどだという説があります。

アトピーなどのお肌の非常事態が発生した時、マクロファージ(白血球の一種の単球が血管から出て変化したものです)は、患部に素早く集まってきて修復作業に入ります。

しかし、腸内環境が悪い場合にはマクロファージの働きも悪くなっており、肌の修復機能が弱まっていて、アトピーや乾燥肌、敏感肌の症状を悪化させるそうなのです。そこで出てくるのが、この「乳酸菌革命」です。

皮膚や粘膜の健康維持に欠かすことのできないものとして、「ビオチン」という「ビタミンB7」があげられますが、これらは腸内で乳酸菌によって作られるものなのです。

この「ビオチン」を作るのに必要な乳酸菌が、「アシドフィルス菌」と呼ばれるもので、こらが「乳酸菌革命」には配合されているのです。なので、ビオチンを増やし、皮膚や粘膜の改善につながるのです。

また、「ビオチン」は、補酵素として働きを助ける酵素の「カルボキシラーゼ」は、アミノ酸からたんぱく質をスムーズにつくることを助けて、皮膚や粘膜、髪の毛などを作ります。

「ビオチン」は、皮膚の炎症やかゆみの原因となる「ヒスタミン」という物質ができるを抑える働きがあるといわれていて、尿から排泄する作用があります。そのため、アトピー性皮膚炎や乾燥肌、敏感肌の症状を緩和、改善するといわれています。

6.体質が改善される

「乳酸菌革命」の愛飲者で、体質改善を実感されている人がいます。

■口コミ1
「以前は、顔は肌荒れでガサガサしていましたが、今では気にならなくなりました。また、朝から快便のため、元気よく1日をすごせるようになりました。」

■口コミ2
「腸内環境が改善されたため、新陳代謝が上がり、ダイエット効果がありました。運動もしていたのですが、半年で5kg程度、ダイエットに成功。顔のあごの部分やお腹周りが気にならなくなりました。」

7.サプリが効かない人もいます

中には「乳酸菌革命」を継続して飲んでも、効果がないという口コミもあるかもしれません。しかし、果たして実際は、どうなのでしょうか?飲み方や飲むタイミングが悪かった可能性もあります。

「乳酸菌革命」は、1日に「2粒~6粒」の範囲で飲むようになっています。最大で6粒です。効果がないという人は、この量を試したのでしょうか?2粒で乳酸菌が1,000億個だそうです。となると、6粒飲むと3,000億個の計算になります。なんとこれは、ヨーグルトの約30倍になるそうです。

また、飲むタイミングも、推奨できるタイミングというものがあります。朝食の朝に飲むのを、おすすめしたいと思います。しかも、食後に飲んでください。

食前に飲むと、空腹時の胃酸は強く働く状態で、カプセルに入っているサプリメントでも、胃酸の強い状態の胃の中に入れてしまっては、乳酸菌が死滅する可能性も考えられます。

食後の胃酸の弱まっている状態の時にお飲みください。朝飲むのは便通のためです。外出時にこのサプリメントを飲み、便通が突然やってくるというのは、誰しも嫌なものです。「乳酸菌革命」には、複数の乳酸菌の他にも、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」と「食物繊維」も入っています。

腸内環境がある程度整うまで、6粒で試してみる価値はありますが、すべての人に合う乳酸菌はないといわれていますのでこの「乳酸菌革命」を6粒飲んでも効果がないという人も、中には当然いるでしょう。個人差があるということです。

しかし、この「乳酸菌革命」かぎったことではなく、どの乳酸菌のサプリメントでも、合う合わないはあります。自分にあった乳酸菌サプリメントを見つけることが、大切だということです。

「乳酸菌革命」の3つの注意点とは

薬には、副作用のないものは無いといわれていますが、サプリメントでも近いことがいえるのかもしれません。

1.大豆アレルギーの人はNGです

実は、乳酸菌革命は、乳酸菌を培養する際に大豆を使用した床を使用していまので、大豆アレルギーの人は、「乳酸菌革命」は避けたほうが良いといえるでしょう。
2.ゼラチンアレルギーの方もNGです
食物アレルギーの中には、ゼラチンアレルギーという人がいます。この人たちも、「乳酸菌革命」の使用は避けるべきです。「乳酸菌革命」の成分で使用されているものの中に、ゼラチンがあります。

3.定期コース・途中解約可能OK

定期コースについてです。乳酸菌は人によっては、合う合わないがあります。そのため、定期コースで始める人が、「乳酸菌革命」の乳酸菌が合わなかった、また、前述のような副作用があった場合に、すぐに「定期コース」を途中解約可能かが問題になってきます。

これは、購入者にとっては、大きな不安となるところだと思います。他社では、最低3回は続けることが決まりの会社もあるようですが、この「乳酸菌革命」は良心的で、いつでも辞めることができますので、とっても安心だといえます 。

解約の申し込みは、メールや電話で簡単に解約できますので、これも良心的ですね。

 

その他の乳酸菌にはどんなものがあるの?

「乳酸菌革命」以外の、主だった商品の紹介をさせていただきたいと思います。

善玉菌のチカラ:クレモリス菌FC株が自慢

カスピ海ヨーグルトとは、ヨーグルトの中でも、特に健康に良いものとして広く認知されています。一時期一大ブームになったことを、記憶している人もいることでしょう。カスピ海ヨーグルトは、なぜ体にいいのでしょう?それは「クレモリス菌FC株」という、善玉菌を持っているからです。

この善玉菌は、体によい健康効果をもたらしてくれるます。しかし、カスピ海ヨーグルトなどの、限られた食材にのみにしか含まれていないことが、問題視されていました。しかし、近年にりまして、フジッコがこれを純粋培養することに成功したそうです。

そして、その培養した善玉菌を生きたまま「善玉菌のチカラ」の中に取り込んだことに、成功したと話題になりました。「クレモリス菌FC株」を生きたままカプセル化するということが、できるようになったのです。

しかも「善玉菌のチカラ」は、「クレモリス菌FC株」を1粒で20億個という、多くの数を配合することに成功しています。乳酸菌不足で起こっているであろう、症状を改善してくれる効果はありそうです。

また、「善玉菌のチカラ」の「クレモリス菌FC株」は、他の乳酸菌には見られない大きな特徴があります。それは、多くの乳酸菌が腸に届くまでにほとんどが死滅するのに対して、「クレモリス菌FC株」は死滅の心配はしなくても良いそうなのです。効率よく、善玉菌を取り込むことができるというわけです。

乳酸菌サプリメント3選の紹介

DHC/乳酸菌EC12:コスパがいい!

5000億個以上の乳酸菌で、健やかな腸環境をキープし、いつまでも元気で過ごしたい人におすすめです。善玉菌は、年齢とともに減少していきます。また、ストレスや食生活の乱れなどで、悪玉菌が増えてしまうこともあります。

DHCの「乳酸菌EC-12」は、1日1粒で5000億個以上の「乳酸菌EC-12」と、その餌になる「ラクチュロース」を補うことができます。そして、腸内環境を整えることにより、悪玉菌を退治するのです。

もともと私たちの腸内にすむ、善玉菌の一種「エンテロコッカスフェカリス菌」のバリアパワーを整える働きを、最大限に発揮できるよう加工した、殺菌乳酸菌サプリメントです。小さな菌なので、少量でも多くの菌数を摂ることが可能です。

森下仁丹/ビフィーナ:独自カプセル開発力が自慢

ビフィズス菌は、とても強い胃酸(pH1.2)で生き残る確率は、わずか0.00007%以下といわれていて、ほとんどが死滅してしまうのが現状です。

そこで「ビフィーナ」は、森下仁丹はビフィズス菌(ロンガム種)が胃酸に溶けずに守られるように、腸まで届いた後に溶け出すという、耐酸性の3層構造の「ダブルプロテクトカプセル」を、10年の歳月をかけて開発しました。

そして、さらに研究は続き、今度は「ハイパープロテクトカプセル」の開発に成功。「ビフィーナ」のカプセル入りのビフィズス菌(ロンガム種)の胃酸の生存率は、なんと約90%にだそうです。

ヤクルト/ノアレ:アレルギーの人にはこれを!

「キリン/ノアレ(タブレット) 1.25g*30粒」は、キリンビール(株)と小岩井乳業(株)が共同研究を行った「KW乳酸菌」を使用しています。「KW乳酸菌」が腸内環境を整えます。

厚生労働省の義務付けたアレルギー物質を含む食品についての法令で、表示を義務づけた特定原材料5品目と、表示を奨励する特定原材料19品目が含まれていません。デリケートな人やお子さまに、オススメできる商品となっています。

自分に合った乳酸菌を見つけよう!

最近、腸内環境を整えることにより、アレルギー対策になったり、便秘が改善されたり、エイジングの作用があったり、また、ダイエットにと色々な効用が明らかになってきています。

お肌の調子が悪かった人や便秘で悩まされていた人は、この「乳酸菌革命」を始め、色々な乳酸菌のサプリメントを試すべきだと思います。腸内環境は個人差があり、人それぞれだそうです。自分に合ったサプリメントを見つけましょう。

コメント