尿道がかゆい!クラミジアや膀胱炎、カンジタの可能性があるの?!気になる症状や原因、治療方法など徹底解説します!

病気
スポンサーリンク

尿道にかゆみがあると悩んでいませんか?誰かに相談したくても「恥ずかしくて言えない・・。」と我慢してしまう方も少なくないでしょう。しかし、尿道のかゆみを我慢し続けてしまうと様々なトラブルの原因になってしまうこともありますので、早く医師に相談し治療していきたいですね。そこで今回、尿道のかゆみの原因や症状などについて徹底解説していきたいと思います。

文献情報

本記事は下記サイトを参考にさせていただきました。

http://www.wakatsuki-clinic.com/boukou_zeritusen.html#boukou
急性膀胱炎 かねとう腎泌尿器科クリニックへようこそ
病気について 泌尿器科専門医として質の高い診断と治療を行い、患者様に満足していただけいる医療サービスを提供致します
クラミジア|性病について|山の手クリニック
性病専門の山の手クリニックが、クラミジアの感染経路から自覚症状、検査・治療までを具体的に説明。無料相談も行っています。
カンジダ-性病・性感染症・STD治療 | 船橋中央クリニック
カンジダ、性病の治療なら船橋中央クリニック。船橋駅北口 徒歩5分。専門医が淋菌を確実に診断、治療します。カンジダ、性感染症(STD)でお悩みの方は船橋中央クリニックにお越し下さい。
カンジタ|性病について|山の手クリニック
性病専門の山の手クリニックが、カンジタの感染経路から自覚症状、検査・治療までを具体的に説明。無料相談も行っています。
クラミジア|クラミジア尿道炎|性病|STD|池袋東口クリニック
当院(池袋東口クリニック)は、クラミジア性尿道炎(クラミジア)や、その他の性病(淋病・コンジローム・梅毒・性器ヘルペス・カンジタ・ケジラミ・トリコモナス等)の検査や治療を専門に行っております。
尿路感染症|包茎の手術や治療は認定専門医に![東京・大阪]
腎不全 | 病気について | 循環器病について知る | 患者の皆様へ | 国立循環器病研究センター病院
腎臓の機能がおちると老廃物を排泄できなくなり、体内に有害なものが溜まって様々な症状を引き起こします。

尿道がかゆいときどうする?

尿道がかゆい原因でまず考えてしまうのは性病です。性病によって引き起こされたかゆみの場合、細菌の炎症によるものと考えられます。これは、男性女性ともに同じですが、性行為や入浴、タオル、トイレ、などから感染する可能性があります。

また、風通りの悪い下着内は高温多湿になりやすく細菌が増殖しやすい環境になるため、清潔に保つことも大切ですが、放置してしまうと他の病気を引き起こす可能性もありますので、迷わずにすぐに病院で受診するようにしましょう。

膀胱炎の可能性

男性の症状

女性より男性の方が尿道の長さによって膀胱炎を発症するリスクは低くなると言われています。尿道から感染した後、前立腺へと感染し、膀胱へと感染します。また、男性が膀胱炎を繰り返してしまう場合、前立腺内部に細菌が残り再発させてしまうこともあります。

主に発熱と風邪のような症状や、排尿痛、頻尿、残尿感、下腹部の不快感などが現れますが、慢性的な症状の場合、痛みや不快感が股間部周辺に感じられることがあります。

また、尿の切れが悪く下着を汚してしまう、尿が漏れているような感じがする、射精時の痛みなどの症状があります。

女性の症状

女性は男性に比べ尿道が短いため細菌が尿道から膀胱へと侵入し膀胱炎を起こしやすくなります。そのため「急性膀胱炎」や「慢性膀胱炎」を発症するのはほとんどが女性と言われています。

主な症状として、頻尿、排尿痛、残尿感、血尿などがあり3日程度の投薬で治るとされていますが、長期間の治療が必要な場合もあります。

検査方法

膀胱炎は、尿検査と尿の細菌培養検査で診断します。尿検査では、尿中に炎症細胞(白血球)が増えていれば膀胱炎と診断し、尿細菌培養検査によって細菌の種類を特定し、処方する薬の効き目を確認します。検査結果は3日~4日程度で出るとされています。

膀胱炎の細菌の種類として、大腸菌、腸球菌、皮膚や粘膜に存在するぶどう状球菌、連鎖球菌など自分の身体にいる細菌が引き起こしている場合が多いとされていますが、性病から引き起こされる膀胱炎が疑わしい場合には細菌のDNA検査を行い、必要に応じて超音波検査によって腎臓や膀胱に異常がないかを確認することもあります。

原因

膀胱炎は、大腸菌などの細菌が尿道から膀胱内に侵入することで起こり、女性に多い病気とされています。女性は男性よりも尿道が4cmと短く、膣や肛門の位置が近いことから女性に多く見られるそうです。

通常に健康な人であれば、細菌の侵入を防ぎ増殖を抑えることができるため発症することはないとされていますが、過労やストレスなどで体の免疫力が低下している時期に細菌が侵入してしまうと、増殖し粘膜の炎症を引き起こして膀胱炎が発症しやすくなることがあります。

治療方法

抗生物質の内服薬を3日~5日間飲みます。通常であれば1日~2日間程度で膀胱炎の症状が良くなり、3日~5日間程度の治療で治癒すると言われています。ただし、症状が良くなったとしても、もう一度診察し治癒したかを確認する必要があります。

また、細菌の種類によっては抗生物質が効きづらいく治りが遅くなる場合もありますので、医師に確認してもらい薬の種類を変えるか、治癒してるかを必ず確認してもらうようにしましょう。

潜伏期間

感染してから3日~10日程度の潜伏期間を経て症状を発症すると言われています。病院で処方される抗生物質を3日~5日程度飲めば一週間程度で症状が改善します。しかし、完全に菌をなくすためには7日間程度薬を飲み続けた方が良いとされています。

予防方法

膀胱炎の予防法として、

・トイレを我慢し過ぎないようにする。
(尿には少量の雑菌が含まれているため、我慢して膀胱内に長時間溜めてしまうと雑菌が増殖してしまう原因になります。)

・水分を多めに摂取する。
(特に1日数回しかトイレに行かない方は注意。)

・陰部を清潔に保つ。
(特に女性は、排便や排尿後は前から後ろに向かって拭くようにしましょう。また、ビデの使い過ぎは逆効果になりますので注意しましょう。)

・性行為後は、細菌を排出させるためになるべく早く排尿する。
(性行為の時に尿道から細菌が入る場合があります。)

・下半身を冷やさない
(血流を良くすることで膀胱粘膜の抵抗力を高めることができ細菌と戦う力をつけることもできます。)

・体調管理に気を付ける。
(疲れやストレスで体の抵抗力が低下してしまうと、細菌が増殖しやすくなります。)

クラミジア感染症の可能性

男性の症状

男性が性感染症のクラミジアに感染した場合、主に尿道に感染し「尿道炎」や「精巣上体炎(副睾丸炎)」などの症状が出るとされています。

主な症状として、
・尿道からの分泌物(うみ)
・軽い排尿痛
・尿道がかゆい、不快感
・精巣上体の腫れ
・軽い発熱、痛み

などがみられますが、クラミジアに感染していてもこれらの症状が出ないことが多いため、放置してしまうと、発熱と同時に前立線が腫れてしまい排尿痛などを引き起こす「前立線炎」や精液がピンク色や赤く染まるなどの出血を起こす「血精液症」になってしまうこともあります。

女性の症状

女性が性感染症クラミジアに感染した場合、子宮頸管(子宮入口)から感染し子宮頸管炎を引き起こし、その後腹の腔内に細菌が侵入し、骨盤内で様々な症状が出てきます。

主な症状として、
・おりものの増加
・不正出血
・下腹部の痛み
・性行為時の痛み

などの症状が出てきますが、女性の場合も多くが症状が出ないと言われているため、感染を放置しやすく「卵管炎」や「子宮外妊娠」、「不妊症」などの原因にも繋がる場合があります。

検査方法

クラミジアの検査は、感染が疑われる行為から1日~2日程度経過していれば検査が可能で、男性の場合は尿検査を行い、女性の場合は子宮頸管から分泌物を採取する方法で検査を行います。また、クラミジアの抗体を測定し感染の有無を確認する血液検査などがあります。クラミジアは陰部だけではなく口内感染もあるため、喉の粘膜に綿棒を擦りつけ粘膜を採取し、感染の有無を確認する方法もあります。

忙しくて病院に行く暇がない場合や症状が出ていなく病院には行きにくいという場合には、自宅でもできる検査キットもあるそうなので、心配な方は検査してみるといいかもしれませんね。

原因

クラミジアは性行為で感染します。クラミジアトラコマティスという細菌が膣や子宮、男性の尿道に住み着き感染者とコンドームなしの性行為やオーラルセックスで性器から喉などに感染します。また、クラミジアに感染した場合、HIV(エイズウィルス)への感染が高くなると言われています。

治療方法

クラミジアの治療は、抗生物質を1週間~2週間程度と服用すれば完治するとされていますが、すでに相手に移してしまう二次感染を起こしている場合は、薬を注射で投与する方法と合わせて治療を行う場合もあります。また女性の場合、膣剤を1週間~2週間程度の期間に投与する治療も合わせて行う場合もあります。

治療後には必ず医師に確認を行ってもらい、治療の経過を確認するようにしましょう。また、クラミジアは感染力が強いと言われているため、完治するまでは性行為を控えるようにしましょう。

潜伏期間

感染者と性行為を行った日から1週間~3週間の期間が潜伏期間と言われ、その後症状を発症する場合もありますが症状が出ないことが多いと言われ、潜伏期間中でも性行為でパートナーに感染してしまう可能性もあります。

また、クラミジアは感染者本人が完治しても再発してしまう可能性もあるため、パートナーの協力して治療を行い、2ヶ月に1度のペースで感染の有無を確認してもらうことも大切です。

予防方法

クラミジアの感染は精液や膣分泌物など直接粘膜同士が触れ合うことで感染します。そのためコンドームを使用して直接粘膜同士が触れ合うことを防げば感染を防ぐことができると言われています。

クラミジアに感染しないためにも、パートナーとお互い協力し合いながら、定期的に病院で確認することも予防の一つと言えますので、お互いに話し合い理解を深めていきましょう。

カンジタの可能性

症状

カンジタはカビ(真菌)による性感染症で、特に女性に多い病気とされていますが、皮膚や口内など誰もが持っている菌(常在菌)と言われ、通常であれば炎症を起こす事はないとされていますが、膣内が傷つくことで発症することがあります。

男性の症状として、
・亀頭のかゆみ、ただれ
・亀頭が赤くなり白いカスが出る
・亀頭に小さい水泡ができる
・稀に尿道炎を引き起こす

女性の症状として、
・外陰部や膣にかゆみがある
・ヨーグルト状のおりものが増加する
・性器の炎症(痛みなど)
・性行為時に痛みを感じる
・排尿障害

などの症状があり、風邪や疲労、ストレスなどで免疫力が低下している時やステロイド剤、抗生物質を投与している場合は、発症を引き起こしてしまうこともあり症状が強く現れる場合もあります。

検査方法

男性の場合、亀頭周辺の菌や膿を綿棒で採取し、培養検査を行い診断します。女性の場合は、外陰部や膣の症状を調べ、おりものを綿棒で採取し培養検査を行い診断します。

カンジタ菌が存在していれば検査は可能なので、性行為を行った日から検査することができます。ただし、菌が検出されなくても、かゆみやおりもの増加などの症状が出ている場合にはカンジタ症と診断される場合もあります。

原因

カンジタは元々体内に存在する細菌ですが、

・疲れやストレス、風邪などで体の免疫力が低下している時
・抗生物質などの投与で元々膣内にいる細菌を殺してしまう
・膣内の酸性度が低下している妊娠中
・性行為が頻繁に行われている
・他の性感染症を発症している
・ピルを服用している

などが発症を誘発させている可能性がありますが、誘発原因が無い場合でも発症してしまう場合もあります。また、カンジタによる膣炎を発症してしまう方の5%~10%は、性行為によって相手から感染するものとされています。

治療方法

・男性の場合
基本的に性器に軟膏を塗る治療法になります。約1ヶ月と長期の治療になりますが、二次感染を起こして知る場合は、同時に薬を服用して治療を行います。

また、カンジタ症に感染している場合、性器を洗う時に十分注意しなければなりません。洗いすぎてしまうと、炎症が治りにくくなってしまうこともあるため、シャワーで軽く洗い流し石鹸などの使用を控えるようにしましょう。

・女性の場合
治療は、膣内に膣剤を1日1回、7日間程挿入します。また、同時に外陰部に軟膏を塗り治療を行っていきますが、二次感染を起こしている場合には、男性同様に薬を服用する場合もあります。

カンジタの治療は、軟膏や膣剤を使用することが多いとされていますが、1週間経っても症状が改善されない場合は、薬を追加したり変更する場合もあります。

潜伏期間

カンジタの潜伏期間は2日~7日と言われていますが、疲労やストレス、風邪など様々な原因が発症のきっかけになってしまう場合もあるため、性行為で感染した場合や自己感染した場合でも時期を特定することは難しいとされています。

予防方法

カンジタ症の菌は誰もが持っていると言われ通常であれば発症することはないとされています。しかし、疲れやストレス、風邪などで体の免疫力が低下している時に誘発され発症の原因となってしまう場合もるため、誘発に繋がる原因を取り除くことが大切です。

また、発症していても自覚症状が出ない場合もあるため、二次感染を防ぐために性行為はコンドームを着用するようにしておきましょう。カンジタ症は、再発を繰り返す場合もあります。そのため、パートナーと一緒に病院で検査し治療を行っていくことも大切になります。

病院に行かない場合

尿路感染

尿路感染は、尿道出口から膀胱内に細菌や真菌が侵入することで炎症を起こし、発熱、腹痛、腰痛、排尿痛、血尿、残尿感、尿意切迫感、尿失禁、下腹部の不快感などの症状が出てくる可能性もあります。

尿路感染症の多くは大腸菌が原因とされていますが、細菌の逆行侵入が進んでしまうと「膀胱炎」や「腎盂腎炎」などを引き起こす可能性もあり、放置してしまうと細菌が血液中に侵入し命に関わる「敗血症」を発症してしまう可能性もあるため、早期に対処し治療する必要があります。

腎臓に影響

腎臓で作られた尿は、腎盂、尿管、膀胱、尿道を通って体外に排出されます。そのため、尿道が細菌や真菌に感染してしまうと増殖しながら腎臓に向かって逆行し侵入していくため、発熱や軽度の腰痛、疲労感などがみられ、次第に腎臓機能が低下し、老廃物を排出できない腎不全を引き起こしてしまう場合もあるため注意が必要とされています。

腎臓は、身体の老廃物を尿として排出役割がある他、血液を作るホルモンと血圧を調整するホルモンを分泌し促す様々な役割があるため、腎臓機能が低下してしまうと身体に老廃物が溜まり、悪化してしまうと心不全を引き起こすと言われています。

そのため、尿道と腎臓は密接な関係があり、尿道だけの問題だけではなく様々な病気を引き起す要因にもなるため、早期に病院で受診することをおすすめします。

何科にかかればいいのか?

内科・産婦人科

性病などが喉に感染してしまったり、腹部周辺(腎臓)などの症状が気になる場合は内科で受診することは可能ですが、性器に痛みやかゆみがある場合は、産婦人科で診察することになります。また、症状が出ていない場合でも産婦人科で検査や受診することも可能です。まずはよく行く病院で相談されてもいいかもしれません。

男性の場合、産婦人科での受診に抵抗がある場合は泌尿器科で受診することも可能ですが、パートナーと受診する際には一緒に産婦人科で受診するようにしましょう。

泌尿器科

泌尿器科は、尿の生産から排出までの間に起こる病気を扱う診療科で、尿管、膀胱、前立線、尿道、精巣などの臓器を対象に診断や治療を行っています。

・主に扱う病気
尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎)
前立腺肥大、神経因性膀胱、過活動膀胱、頻尿、尿失禁
腎や尿管などの結石
無症状の血尿
性病(クラミジア感染症、性器ヘルペス、カンジタ感染症、淋病など)

といった病気を扱っている診療科です。恥ずかしくて行くのをためらってしまう方が多いようですが、排尿に関わる専門医でもあるため、ちょっとした症状が気になって場合でも相談することもでき、早期に対処することもできます。

慢性化したり他の病気が疑われることもあるので一度は診察を受けてみましょう。

まとめ

今回、尿道のかゆみについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

尿道のかゆみには様々な可能性があり、放置してしまうとその他の病気を引き起こしてしまう場合もあります。尿道にかゆみがあると恥ずかしいと感じ、誰にも相談できず放置してしまい悪化してしまうケースもあります。しかし、以外にも多くの方が悩み病院で受診しています。

ですので、軽い症状でも悪化させないためにも病院で受診し早期に対処して治療を行っていくようにしましょう。また、定期的に病院で受診し、発症や再発を予防することも大切ですよ。

コメント