餃子でアレルギーが起きるの?「蕁麻疹やかゆみ」と「嘔吐や下痢」の症状は注意!検査方法の種類を徹底解説!

病気
スポンサーリンク

メジャーな飲食の一つである餃子はとても人気があります。全国にチェーン展開しており、好んでいる方は多いでしょう。しかし、食品アレルギーのある方にとって餃子は食べにくいと思われるかもしれません。食品アレルギーのある方のために餃子に関する情報を紹介しましょう。注意点や対処法などについて説明します。

餃子でもアレルギーでるの?

餃子のメニューでアレルギーが起きる可能性がある

何らかの食物アレルギーにかかっている方にとって外食というのは危険なものです。いろいろなメニューがあるため、それぞれの料理にはたくさんの食材が使われています。それらの食材の中には、あなたにとって危険なものが含まれている可能性があるのです。

特にさまざまな食物アレルギーを持っている方にとっては、餃子で外食をしたことによって、アレルギー症状が出てしまう可能性は0ではないでしょう。たとえ少量であってもアレルギー反応は生じてしまうものなのです。外食をする際にはきちんと対策を取らなければいけません。

餃子でのアレルギーの原因とは?

餃子に含まれる小麦のアレルギーはよくみられる

餃子の材料の中でもアレルギーの原因となりやすいのは小麦です。食物アレルギーの中でも卵と牛乳は症例が多く、その次に多く見られるのが小麦アレルギーなのです。そのため、大人でも小麦アレルギーに苦しんでいる方は多いです。

そのような方はたとえ外食をしたとしても、餃子を美味しく食べることはできないでしょう。小麦アレルギーは危険です。

餃子には卵を使っているメニューがたくさんある

餃子では卵を使ったメニューは非常にたくさん存在しています。卵というのはかなりポピュラーな食材であり、これを使わない料理の方が珍しいぐらいでしょう。さまざまな料理に卵が使われています。

餃子は基本的に中華料理がメインとなっているのですが、中華には卵がふんだんに使われているメニューがたくさんあります。そのような料理を食べてしまうと、卵アレルギーの方にはかなり危険性が高いでしょう。

また、思わぬメニューの中に卵が使われているようなケースもあるため用心するべきです。卵のアレルギーは油断してはいけません。

餃子で起こるアレルギーの症状とは?

餃子で卵アレルギーにより蕁麻疹やかゆみに苦しむ

餃子でアレルギーが出やすいものの一つが卵です。卵アレルギーの主な症状として蕁麻疹やかゆみがあります。これらの症状は、卵が体内に入ることであらわれます。

数分程度で口のまわりに少しずつ蕁麻疹が出てくることが多いです。喉に異物感がしてしまい、咳き込んでしまうこともあります。これらは比較的軽い症状なのですが、重い症状になると意識障害が起きてしまったり、呼吸困難を引き起こしてしまうこともあるため気をつけましょう。

アレルギー症状の出方というのは人それぞれなのですが、普段とは違う状態に体が変化してしまった場合には、餃子によって卵アレルギーが出ている可能性があります。人によっては皮膚症状がまったく出なくて、下痢や嘔吐をするケースもあります。

小麦アレルギーによってアナフィラキシーの危険性

餃子を食べたことによってアレルギーになることがあります。これは小麦アレルギーなのですが、その症状としては蕁麻疹や紅斑が出てきてしまうケースがあります。アトピー性皮膚炎になってしまうことがあり、この症状は小麦を食べてから数日後に出てくるため厄介です。

全身性の症状としてアナフィラキシーが引き起こされることもあります。アナフィラキシーの場合は皮膚や消化器、呼吸器、循環器など複数の臓器に影響が出てしまうのが特徴となっています。重い症状が出てきた場合にはすぐに治療を受ける必要があります。

喉に痛みが生じてしまったり、鼻づまりになったり、活動レベルが低下するといった症状もみられます。餃子では特に気をつけましょう。

アトピー性皮膚炎や大腸炎にかかってしまう人がいる

餃子を食べていて乳製品アレルギーになることがあります。その場合の主な症状は皮膚や消化器、呼吸器にあらわれるのが特徴です。嘔吐や下痢を繰り返してしまったり、蕁麻疹や皮疹が出てきてしまったりすることがあります。

もっと重い症状としては、逆流性食道炎や大腸炎、偏頭痛、頭痛などが起きる可能性もあります。口の中に炎症ができてしまったり、アトピー性皮膚炎になってしまうこともあるでしょう。ぜんそくのような症状に苦しんでしまうこともあります。

このように幅広い臓器に影響を与えるのが入成否アレルギーであり、厄介なのです。

餃子アレルギー検査方法の種類

原始的な方法でアレルギーを判断する食物負荷試験

餃子で何らかの食物アレルギーが見られたなら、それを確かめる方法として食物負荷試験があります。こちらの方法では、アレルギーの疑いのある食物を実際に少量ずつ食べてみて、どのような症状が出るのかを観察することになります。

非情に原始的な方法なのですが、アレルギーを診断するための方法としても最も確実なのです。病院によってテストのやり方には微妙に違いがあります。一般的な方法は、15分から20分ごとに少しずつ量を増やしていきながらその食物を食べさせていき、症状を細かく観察していきます。

食べる量については年齢や予想されている症状の重さによって違います。これによって、餃子でどんな食物アレルギーが起きたのかがはっきりします。

ヒスタミン遊離試験によってアレルゲンを検査する

血液検査の一つとしてヒスタミン遊離試験というものがあります。これは血液にアレルゲンを反応させてみて、ヒスタミンが生じるのかを確かめるという検査です。アレルギー反応が起きるとヒスタミンが作られるのです。これによって、アレルゲンを特定することができます。

Ige抗体を検査する血液検査の方が一般的なのですが、そちらの結果をより確かなものにしたいときに、こちらのヒスタミン遊離試験が行われます。餃子でアレルギーが起きた時にはこちらの検査を試してみると良いでしょう。アレルゲンがはっきりすれば、安心して餃子を利用できます。

皮膚プリックテストによってアレルギー反応を調べる

皮膚プリックテストによってアレルギーを調べる方法があります。餃子で何らかのアレルギーが出たときには、アレルゲンを皮膚にのせて、そこに針で傷をつけて、赤く腫れているかどうかで検査をします。もし赤く腫れているならそのアレルゲンは陽性ということになります。

こちらは血液検査でIge抗体を検査するのと同じような意味があります。採血する必要がなく手軽にできるのがポイントとなっています。餃子でアレルギーが出たときには、皮膚プリックテストを受けてみると良いでしょう。ただし、アレルギーが強い人の場合は注意しなければいけません。

餃子アレルギーは治るのか?

きちんと医療機関で治療すれば治る可能性はある

餃子アレルギーについては、まずアレルゲンを特定することが大切です。それが一つの食物に由来しているのか、それとも複数の食物が原因となっているのかを確かめましょう。そして、アレルギーについてはきちんと医療機関で検査をしてもらい、確定してもらうことが大切です。

そのあとは実際に治療を受けることになります。これによって、きちんとアレルギーを克服できることもあれば、できないこともあります。餃子はメニューの成分情報を見せてもらえるため、それを確認してアレルギーの心配のないメニューを注文することも大切でしょう。

赤ちゃんも餃子アレルギーに注意!

赤ちゃんを外食に連れていくことがあるかもしれません。その際には、きちんと成分を確かめて、赤ちゃんが食べても問題のないものをチョイスしなければいけません。

離乳食の時期には絶対に外食を食べさせてはいけません。また、離乳食の時期が終わっていたとしても、外食というのは味付けが濃くて、いろいろなものが使われているため注意するべきです。餃子での外食は用心しましょう。注意しすぎるということはないのです。赤ちゃんにとってさまざまな危険があります。

まとめ

外食というのはいろいろな食材が使われているためアレルギーの危険性は高いのです。特に何らかのアレルギーを持っている方は餃子での食事の際は十分気をつけてください。メニュー選びの際にはきちんと材料を確認する習慣をつけるべきでしょう。

コメント